本文へスキップ

和束町の宿、農家民宿篤庵

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.080−3470−5530 

ご予約はこちら

篤庵周辺散策 案内じゃらん−じゃらん












お茶畑じゃらん〜じゃらん、お茶の上香園さんが栽培する「天空のお茶畑」へ

温泉イメージ

この町で生まれた上香園のお茶は、「湯飲み1杯の幸せ」をコンセプトに、
心を癒やす茶作りに専念しています。
香り、色味、味など五感で感じることの出来る最高の味わいを生み出すため、自園の茶樹に有機肥料を施し、一葉一葉、丹精込めて育てました。
茶農家として品質にこだわり続ける。これは、お客様との見えない契約だと思うのです。
ほんの一瞬でいい。せわしない日常の中で「ほっ」と出来る時間を提供したい。
そんな想いから生まれた「心を潤すお茶」を是非お楽しみください。
季節に寄りますが、茶摘み体験も出来ます。    上香園 五代目 岡田 文利


歴史の親王「安積親王陵墓」御陵さんへ行きましょう。

館内施設イメージ

聖武天皇第2皇子安積親王の墳墓

安積親王は聖武天皇の第二皇子。この陵墓は、お茶畑に囲まれた小高い丘の上にあり、別名「太鼓山」と呼ばれ土地の人々から崇られている。

周辺は全てお茶畑となりますので、無断でお茶畑内へは入らないで下さい。






和束茶発祥の地 鷲峯山山麓へ 景観資産:原山区 円形茶園へ

館内施設イメージ

 ここ原山地区は「和束茶の起源」のエリアです。
その昔、和束町のお茶の歴史は、鎌倉時代に海住山寺にいた高僧「慈心上人」が、茶業興隆の祖と言われる「栂ノ尾の明恵上人」から茶の種子の分与を受け、鷲峰山山麓に栽培したのが始まりであると言われています。また、天正年間(1573〜1592年)には、和束郷原山の地に57aほどの畑を開き、茶の実を蒔いたと言う記録が残されていますが、その当時の製茶法は極めて幼稚なもので、自家用に使われていたと言われています。

写真のお茶畑は「通称:円形茶園」と呼ばれています。
 個人所有のお茶畑です、絶対に立ち入りはできません。


1300年の歴史有る「大杉さんへ」パワースポットへ行きましょう。

館内施設イメージ

 樹齢1300年以上と言われる杉の大木で、幹周り12.8メートル、高さ31メートルあり、その昔、本幹が倒壊してその枝木の8本が株を一つに巨木となったようで、再三の落雷に逢いながら、今も勇壮といきづいています。
この杉の木は「北山杉」で和束のような比較的温暖地帯には育ちにくく同一品種は見当たらず、誰がどうして、この地に植えられたか不思議とされています。
又地元民の間で、この「大杉」を祀る神社として、毎年7月7日「祇園さん」と称して祭礼が行なわれ、祭礼の日、ちょっと変わった「花餅」饅頭の上に赤黄青などの色を施した「うるち」の米粒を数粒のせて蒸し上げたものを作って、食べるならわしがあります。
昭和59年4月14日、京都府指定の天然記念物に登録。 (以上、大杉前の説明板より抜粋)



祝橋のサクラ並木へ 後醍醐天皇ご一行も見たかったであろう「祝い橋」

館内施設イメージ

和束町のお花見スポットといえば、祝橋(いわいばし)の桜並木。
鎌倉時代末、後醍醐天皇は鎌倉幕府を倒すべく挙兵し、奈良の東大寺を経て、一時、和束の地に臨幸されたといわれています。「祝橋」は、和束から急いで笠置山に移られる天皇一行のために、和束の人たちが一夜で掛けたものと伝えられており、天皇がのちに命名されたものです。
春は桜並木がすばらしく、素朴さの残る道も、歩きや自転車でゆっくりと巡るにはとてもよいコースです。

中区の有志の皆さんが、いつでも後醍醐天皇ご一行がここ祝橋をお渡りになられるように心待ちにしています。



石寺地区 景観資産第1号に指定された石寺地区

天空へと続く美しい茶畑 お散歩に最適です。

京都府指定の景観資産第1号として知られる茶畑は、日本遺産にも登録されている。小高い山を見上げるだけでは想像がつかないほど、急傾斜の山の上にも茶畑が広がる。西に位置するこの地域は、和束町内では「早場」と呼ばれ、4月下旬には茶摘みが始まる。


観光客の皆さまへのお願い

お茶のまち・和束町は、京都府産茶葉の約45%を生産している宇治茶の主産地です。2008年には、美しい生業景観が京都府景観資産第一号に登録されました。 毎年5月には新茶の季節を迎え、お茶農家にとっても生産の最盛期を迎えます。 この美しい茶畑景観をつくり出し、保全しているのも地域に暮らす農業者の皆さまで、農業者が農業を営むことにより大切な生業景観は維持されています。

注意事項です、多くの方々が気持ちよく茶源郷じゃらんできるようお互いご理解お願いします。
(1)茶畑は私有地であることから無断で入らないこと
(2)茶作業中に近くまで来て写真を撮らないこと。作業中の農業者を撮影する場合は肖像権を厳守すること。
(3)茶葉や茶の生産に係る道具に触れないこと
(4)路上駐車はしないこと(農作業車の通行の妨げになります)
(5)ゴミは持ち帰ること
(6)その他、農作業の迷惑になる行為はしないこと
※駐車場は和束茶カフェ駐車場をご利用ください(和束茶カフェにレンタサイクル有)ルールを守って観光しましょう








のページの先頭へ

店舗写真

information店舗情報

農家民宿篤庵

〒619-1222
京都府相楽郡和束町白栖中谷20番地
TEL.080-3470-5530
FAX.0774−78−4328

wazuka@atsuan.you-wazuka.com

→アクセス

・緯度
・経度
世界測地系
Degree
 形式
34.7999776, 135.8876628
DMS
 形式
34度47分59.92秒 135度53分15.59秒